通勤・通学にクロスバイクはおすすめしない!そう思った7つの理由。

通勤・通学にクロスバイクは絶対買うな!そう思った7つの理由。

こんにちは水野です。
あなたはクロスバイクにまたがってカッコよく通勤・通学をしたいと思ったことはありませんか?
自分もカッコよく通勤したいと思いクロスバイクを購入しましたが不便なことばかりでした。購入してちょっと後悔レベルです。
クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクのいいとこ取りをした自転車ですが、1年間使用して通勤・通学には向かないと思った7つの理由を書いていきたいと思います。

  1. 体へのストレス
  2. 物の持ち運びが不便
  3. 服装に気をつかえない
  4. メンテナンスが面倒
  5. お金がかかる
  6. 盗難との戦い
  7. プロのママチャリライダーには勝てない

1 体へのストレス

自分がクロスバイクに乗り始めて気づいたのですが、思いのほか地面の凸凹や亀裂の振動が体にきます。

道路の 「止まれ」 とか白線の凸凹がわかるんですよ!小さい段差でも衝撃が息子とか手にきます。

舗装されてない道路なんて地獄ですよ。ローラーの滑り台に乗っている感覚で「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」みたいな笑

自分の場合は、手の痺れがすごかったです。あと背中。

ママチャリと違って、スポーツタイプのクロスバイクやロードバイクは前かがみになって漕ぐんですね。

普段使わない筋肉使ったんですかね?未だに背中はつりそうになる時があります。

 

2 物の持ち運びが不便

クロスバイクにはカゴがないので、物を運ぶ場合はリュックやメッセンジャーバックなど背負えるカバンが必須。

しかし、リュックなどに重たい書類や教科書を入れまた背中に大ダメージです笑。

 

 

3 服装に気を使えない。

あなたが好きな服装や着なければならない服装(ジーパン・スキニー・スーツなど)でクロスバイクを漕げないことはないです。

が、やはり動きやすい服装と比べた時にスピードが違います。

せっかく速く走れるクロスバイクを購入したのに、スピードが遅くなってしまうなら意味がなくないですか?

また、物の持ち運びの場合は背負えるリュックなどに限られてくるので、クラッチバックやトートバックなど服装に合わせてカバンを変えることができなくなってしまいます。

 

4 メンテナンスが面倒

クロスバイクは週1で適正気圧をタイヤに入れる必要があります。めんどくさい作業ですが慣れれば前後輪で約5分で終わります。しかし、うっかり入れ忘れて乗っているとすぐにパンクしてしまうんですよ。

通勤中や通学中にパンクしたらどうしますか?めちゃくちゃ焦りますよ!

慣れると20分ほどでパンク修理をできますが、朝の貴重な20分を消費してしまいます。

大事なテストや会議に遅れる危険があわわわわ。

また修理キットを持ち運ぶと荷物が多くなってしまうのです。

 

5 お金がかかる。

クロスバイクは安くて5万円〜から購入できますが、自分の好きな色やデザインにこだわるとどんどん高くなっていきます。
他にも鍵・ライト・タイヤチューブ・空気入れなど買うものが多く、クロスバイク代金+1万円前後のお金が必要となってきます。

自分のクロスバイクは11万円でした。笑 電動自転車が買えてしまう・・・

 

6 盗難との戦い

クロスバイクは高価なものが多いため、盗難に気をつけなければなりません。
人目のない場所に置いておくと盗まれる可能性が高くなります。

鍵の付け方を間違えてしまうとタイヤ以外が盗まれてしまう可能性もあります。
そのため通勤や通学の帰り道に行きたい場所やお店にふらっと寄るということができなくなってしまいます。

 

7 プロのママチャリライダーには勝てない

クロスバイクを買うと普通の自転車よりぐんぐんスピードが出るので目の前を走っている自転車を颯爽と抜き去りたい衝動に駆られます。

がプロのママチャリライダーには勝てないのです。立ち漕ぎをしていないのにクロスバイクと同じスピードを保ち、平然とした顔をしながらペダルをぶん回す、プロのママチャリライダーに負けプライドはボロボロです。

 

最後に

通勤と通学にクロスバイクはむかないだけで、休日に遠出やサイクリングなどはとてもいい趣味だと思います。

この記事を読んでもやっぱりクロスバイクがいい!という人はぜひ購入してください。

迷ったなら電動自転車を強くお勧めします。笑

読んで頂きありがとうございました。水野でした。

 

シェア待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です