革靴汚れてない?4つの道具で簡単に革靴のお手入れをする方法。

 

こんにちは、水野です 。

あなたのブーツ・革靴は汚れて傷ついていませんか?

ブーツ・革靴を汚れたまま、傷ついたまま放置していませんか?

お手入れが面倒くさかったり、お手入れの方法が分からなかったり色々あると思います。

これをしておけば靴が倍長持ちし、簡単にお手入れできる方法を紹介していきます。

 

いるのは4つの道具だけ!

用意するのはこの4つ!!

左から、<M・モゥブレィ・デリケートクリーム> <M・モゥブレィ・汚れ落とし> <馬毛ブラシ> <ウエス(いらなくなったTシャツ)>

 

そして靴!

今回は赤いブーツをキレイにしていきます。

細かい傷や汚れがありますね。

 

靴から靴紐をとり、ブラシで軽くこする。

靴から紐を取ってブラシで汚れを落としていきます。

面倒くさい作業ですが、ちゃんと靴紐を取ってください

靴紐をとるとベローンとめくれる部分がありますね。ここにチリやホコリなどの汚れが溜まっています。

こうゆう場所を重点的に靴全体をブラシで軽くこすっていきましょう。

 

汚れ落としで靴を綺麗に!

ブラシを終えたら汚れ落としを布に付け、靴を綺麗にしていきます。

汚れ落としをしっかりと振り、布につけて靴の汚れを落としていきます。

量は少なめに出し(10円玉ぐらいの範囲)、靴をこする→汚れ落としをつける→靴をこする→汚れ落としをつける作業を繰り返してください。

付け過ぎてもある程度ならば大丈夫なのでしっかり全体の汚れをこすり取りましょう。

全体をこすり終えるときれいな布に比べ、結構布が汚れています。

綺麗に見える靴でも意外と汚れていることが多いです。

 

靴に栄養クリームを!

汚れを落とし切ったら靴に栄養を入れていきます。

革靴はお手入れをせず、放置しておくと乾燥が原因で、ひび割れなどが起きます。

ひび割れが起きないよう栄養クリームを薄く入れていきましょう。

綺麗な布にクリームをつけ、全体に塗っていきます。

べっとりではなく、ちょっと表面が湿っているかな?ぐらいで十分です。

自分は布を使わず、

手でクリームを塗り込んでいきます。自分の体温でクリームが温まり、靴にしっかりと浸透してくれるためです。

 

仕上げにブラシで磨き上げろ!

クリームを塗り終えたら、ブラシで靴を磨きましょう。

ブラッシングすることで、余分についたクリームを落とします。また革靴にクリームがしっかりと馴染むようになり、艶がでてきます。

艶がめちゃくちゃ出ているのがわかりますか!?!?

片足5分の作業だけで、こんなにも靴が輝くのです!!

 

どのくらいの頻度でやればいいの?

履く頻度にもよりますが、夏場は履かないブーツならば春夏に1回、秋冬で3〜4回やれば十分かと思います。

毎日履くビジネスシューズなどは、1ヶ月に1回お手入れすることを勧めます。

 

最後に

靴をズボラに履いている人を街で見かけると寂しい気分になります。

お手入れをするだけで革の寿命がのび、革靴ならば5〜10年履けるのです。

お気に入りの革靴を長く、かっこよく履いていきましょう!

 

革靴の傷跡を直す記事も書いていきます。

読んでいただきありがとうございます。水野でした。

 

シェア待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です