不要なズボンを短パンに!1000円以下で出来るリメイク術

短パンを少額で試してみたい人や、履かなくなったジーパン・ズボンがある方に向けてリメイク術を紹介します。

 

あなたは短パンを履きますか???

自分は短パン=パリピ・B系のイメージがあり、頑なに短パンを履こうと思いませんでした。もう怖いイメージしかねぇ・・・

短パンを履くまでのハードルが高かったんですよね。なによりもきったねぇすね毛を露出することが許せなかった!

しかし、履いてみると涼しい・楽チン・おしゃれ。の良いことずくし!

 

自分のオリジナルの短パンが作れる!

既製品で足の長さに合わない人や、欲しい色の短パンがない人におすすめ!

他にも赤耳(セルビッチ)の短パンが作れたりと、オリジナリティ溢れる短パンを作ることができるんですよ

それでは、作り方を紹介していきます。

 

履かなくなったジーパン・ズボンをカット長さを決める

まず履かなくなったジーパン・ズボンを用意し、短パンにする長さを決めます。ここで困るのが「短パンどの長さがいいのか問題

  • 膝上
  • 膝丈
  • 膝下丈

どの丈が一番いいと思います?

 

 

膝上は足が長く見える効果があるのですが、短ければいいという訳でもありません。短すぎると海パンに見えてしまうのです。

膝下丈は中途半端で幼く見えてしまい、一番ダサいです!

なのでまず膝丈で調整し、折り曲げることによってオシャレ度を上げましょう。

 

長さが決まったらハサミでカット!

長さが決まったらハサミでズボンを切りましょう。

今回短パンにするのは誰もが聞いたことのあるLevi’s501

この時注意して欲しいのが自分の決めた長さ+3cm下をカット!

この3cmが折り返しの部分になります。

一回で切る必要はありません。長いのはいくらでも切り直すことができますが、短いともうどうにもなりません。不安であれば2〜3回に分けて切り徐々に短く短くしましょう。

 

カットしたら、一回履いて鏡で見よう。

ズボンをカットしたら一回履いて鏡で長さを履いてみて自分が合うと思う長さに印(留針やクリップなど)をつけ長さを決めましょう。

 

家で長さを決めて行かないと仕立て屋の狭い試着室で、お店の人にパンツを見せつけることになります。(見せつけたい方はどうぞ)

 

カットしたジーパンをもって仕立て屋さんへGO!

カットしたジーパンを近くの洋服仕立て直し屋へ持っていきましょう。

「住んでいる地域 お直し(洋服直し)」で検索するとお店が出てくると思います。お店にもよりますが、ほとんど1000円以下で裾直しが出来ます。あとは仕上がりを待つだけ!

 

出来上がりました。どうでしょうこの仕上がり。

ジーパンと一緒にユニクロのチノパンも一緒に短パンにしました。

ビフォー

アフター

いい感じにできて満足です。

 

 

 

おまけにすね毛処理!

短パンを履きたいけど履けない人の理由にすね毛があります。

では、モジャモジャすね毛をどう処理するのか・・・梳く(すく)のです。

すね毛をすく道具はこちら

 

男の味方Gatsby。

右の刃は、 左の刃はです

それではすいていきます。

汚らしいすね毛が表示されます。

 

足だけ剃りました。すね毛気持ち悪い等のクレームは受け付けません。

だいぶスッキリしたんじゃないでしょうか。

 

最後に

お気に入りでも履かなくなってしまったジーパン・ズボンをもう一度レギュラーに入れてみませんか?

コーディネイトの幅が少しでも広がれば幸いです。

 

 

 

シェア待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です