【慢性疲労】いつも眠たい体が重い。そんな人は副腎疲労症候群の可能性!

スポンサーリンク

こんちゃす!みすけです!

 

どんなけ寝ても身体が重たかったり、だるいなどの倦怠感が自分を襲ってきました。
睡眠にこだわろうと色々調べ、実践するものの一向に改善されない眠気・だるさ・意欲のなさ

 

 

数年前からどれだけ寝ても日中眠たいというのが自分の症状でした。まぁじでなにしてても眠い!
相棒は眠気覚ましのフリスクと、エナジードリンクのMonster。それでも全然眠気に勝てない。

 

 

ええ〜!!みんなこの体のだるさでどうやっていきてるの〜〜???
自分の体が、生まれつき弱いの??
体力がないから眠たいの??
怠けているから??

 

 

うつ症状で体のだるさや、やる気のなさなどがあげられますが色々なメンタル改善を試みたので、ここ数年のなかで一番メンタルが安定していました。

うつ病で会社を辞めて1年経過した24歳。考え方の変化とうつを楽にする対処法

2019年1月5日

メンタルが元気なのに、眠たかったり体が重たくて付いてこない状態です。

 

 

食事・運動・睡眠時間なにを変えても一向に良くなりませんでした。
そんななかで病院にいき、長年悩んでいたそんな自分の体調が改善したのでこの病気にたどり着くまでの遠回りした経緯などを書いていきます!

この記事は副腎疲労という病気があるよ! ということを広めたいために書いた記事です。

素人判断は危険なのでしっかりと医療機関を受診してください。

慢性的な疲労で、睡眠時無呼吸症候群だと思い病院に行き検査キットを借りる。

自分はうまれてこのかたずっと眠たい。体が重いという症状になやまされてきました。
検索すると「睡眠時無呼吸症候群」という病名がヒットし、自分の症状とほとんどが一致していました。

 

睡眠時無呼吸症候群とは
寝ているときに呼吸がとまってしまっている状態のこと
睡眠時に呼吸が10秒間にわたってとっている場合を睡眠時無呼吸症候群と定義するそう。

 

 

無呼吸症候群になるのは脂肪などのよけいなお肉で気道がつまっている人。つまり、太っている人がなる病気と勘違いしていました。
やや痩せ型(身長175cm 体重64kg)の自分の病気ではないと。

 

どんな体型でも無呼吸症候群になりえる可能性があるので注意です。

 

 

Sleep Apnea Syndromeとも呼ばれ、頭文字をとってSAS(サス)と呼ばれています
もっと詳しく知りたい人は「睡眠時無呼吸なおそう.com」(外部リンクに飛びます)

 

 

睡眠時なので、気づかないうちに日常生活に様々な問題を引き起こします

  • 日中ずっと眠たい
  • 身体が軽い日がない
  • 集中力が続かない
  • 朝起きると頭が痛い。喉が乾いている

上記の症状が起きている場合は睡眠時無呼吸症候群の可能性があるかもしれません。
自分に出ている症状が一致していました。

 

昼間に体がうごかせなくて生活に支障がではじめたので、重い腰をあげ病院に受診することに。

 

病院で診察をしてもらうといくと自宅でできる検査キットを借りることになりました。
検査キットの説明をうけ、後日また病院に持っていきデータで「睡眠時無呼吸症候群」なのかを判断し、治療にはいります。

検査キットの内容はつめで酸素濃度をはかり、鼻にさした管で呼吸しているかどうかを判断するものでした。
これをつけながら寝ることになります

 

きちんとテープで腕や顔にペタペタはりつけ、外れないようにします。

睡眠時無呼吸症候群の可能性があったので、大きい病院を紹介してもらう。

翌日、検査キットをもってまた病院へ
データがきちんと取れているのか確認してから診察をしてもらいます(これは病院ごとに違うらしいです)

検査結果
  • 7時間に約14回ほど呼吸が止まっている疑いがある
  • 最長で125秒息が止まっていた
  • 酸素濃度が90%を下回っていた

とデータをもらいました。

お医者さん
僕が一番気にになる点は、酸素濃度が90%を下回っていることだね!

しっかりと体のさき(指の先端)まで行き届いてないってことは、体に酸素がまわっていないことになるからね。

 

 

約2分ほど呼吸がとまっているけども、自分が受診したちいさな病院では「睡眠時無呼吸症候群」と判断するのは難しいらしい。
もっと正確に検査するには専門の病院へいくしかないとのことでした(そんんなぁ〜)

 

 

となり町の病院が、寝ている時の脳波の状態や細かい呼吸の深さなどもっとこまかい情報がわかる精密機械がある専門の病院でした。

大きな病院で診察されるも、ホルモン異常の可能性でまた違う病院を紹介される。

紹介状を書いてもらってから二日後、となり町の病院へ行き診察をしてもらいました

 

予約をしているにも関わらず、めちゃくちゃまたされる(愚痴)
やっとの事で診察を受けると無呼吸症候群の患者を多く見てきと豪語するお医者様から

お医者さん
2分かぁ〜無呼吸か微妙なラインだなぁ笑
みすけ
そうなんですか! じゃあ何がだめなんですかね??
お医者さん
う〜ん ホルモン異常とかかなぁ

ちょっと怪しいからホルモンとかの検査しようか!病院紹介しますね

みすけ
は、はい・・・(え???また違う病院いくの?しかも無呼吸じゃないのかよ!!!)

 

紹介された病院の予約が取れる日にちは約一ヶ月後。この時点で心が折れていました。

決して先生がたが悪いわけじゃない。ほんとにね!!むしろよくやってくれてる!
自分の不摂生・生活習慣・メンタルなど色々な問題なんです!!すみません!!!

 

でもこの時点で病院へ3回出向いていて、軽く2日は潰れているのだ・・・。くそぉ!!!!!

原因不明の疲労に諦めていると副腎疲労症候群の可能性が出てきた

病院に行っても原因がわからないこの病気をツイッターで呟いたところ医療機関の友人に副腎疲労じゃないのか?と言われました。

副腎疲労とは

副腎とは肝臓の上のあるピラミット型の臓器のこと。
ストレスと戦うホルモン(コルチゾール)を分泌しています。

この副腎が正常に働かないことで慢性的な疲労やうつ症状などの症状がでる。

おもな症状としては

  • 朝起きるのが辛い
  • 何をしても楽しくない
  • とにかく疲れやすい
  • 集中力が続かない

などです。一緒やん!!自分が悩んでいた症状とほとんど一緒!!

 

 

副腎疲労は、現代人の多くの人が悩まされていると言われているのにも関わらず認知度が低くまだまだ知られていない病気でした。
(検索しても、他の病気に比べ情報が少なかった)

ご存知ですか?“だるい、イライラ、集中力低下”etc.日本人医師の9割が知らないストレス社会の新病!「副腎疲労」――日本唯一のアドレナル・ファティーグ外来の医師が今、明かすその実態、警告。そしてストレスに強い身体になれるライフスタイル、食生活等の「ちょっとした習慣」の意外な中身を伝授する。
引用:Amazonより

 

この本を読んで副腎疲労がどんなものなのかを少しずつですか理解してきました。

副腎疲労になる理由は様々ですが、
今自分は、この本に書いてある牛乳をやめることをしています

 

 

牛乳に含まれるカゼインが体に悪さを調べるため
自分の体に悪い物を1つずつ潰していき、体調を悪くしているのもを探っている段階(牛乳が全員に悪い訳ではないよ!)

 

またさらに改善されれば追加して書いていきます!

副腎疲労を回復させるためには

副腎はストレスと戦う臓器とも言われていて

  • 人間関係
  • 栄養・睡眠不足
  • 忙しさ
  • 人混み

色々なストレスからコレチゾールというホルモンを分泌し、戦っています。この副腎の疲労を回復させるには様々な方法があります。

副腎疲労を回復させる① 小麦食品と乳製品を避ける

小麦製品と乳製品は腸を炎症をおこしやすいらしく、その炎症を抑えるためにコレチゾールがつかわれてしまうそう。パスタやパンが大好き!って人は要注意

 

 

少しでもコレチゾールの消費しないために、すこしずつ小麦製品と乳製品をさけていくようにします。

副腎疲労を回復させる② ビタミンB群をしっかりと摂る

副腎を動かすにはビタミンBが必要不可欠。ここが不足しているとコレチゾールも生成できないそう。
エネルギー代謝に欠かせないビタミンBをしっかり摂取すること。

ビタミンBを多く含む食材
  • レバー
  • かつお
  • 豆類
  • 豚肉

 

副腎疲労を回復させる③ しっかりと睡眠をとる

言うまでもありまぜんが、しっかりとした睡眠が大切です。

昼に5分だけ昼寝をするだけでも効果があるそうです。5分だけ寝るのって逆に難しそうな気が笑

 

ごめんなさいコレぐらいのうっすいことしか書けないので、ぜひこの本買ってみてください

 

副腎疲労症候群は、うつ病・無呼吸と間違われることがある。

この病気の怖いところは、眠たい・だるいの他に意欲的に動けることができなくなってしまうこと。病気なのに、周りからは怠けている。いつも寝ている。やる気がない。などと言われしんどいなぁと思うことです。

 

この症状のせいで、うつ病と誤診されて効かない薬を飲み続ける可能性の0ではありません。自分がうつ病ではなく、副腎疲労と判断できた理由はうつ病を経験しているからです。

うつ病で会社を辞めて1年経過した24歳。考え方の変化とうつを楽にする対処法

2019年1月5日

うつ病の場合はメンタルが落ち込みそこから動けなくなる感覚。
副腎疲労は体が動かなくて、落ちこみメンタルが落ちていく感覚。

 

自分の感覚なので万人には当てはまると言い切れませんが、いま慢性的な体のだるさを感じうつ病や無呼吸を疑っている人は「副腎疲労」と言う病気がある。ことを知っておいてほしいです。

 

 

体がだるい人はみんな副腎疲労という訳ではありません。この病気のことを知っているだけで、体のだるさを攻略できる可能が広がるということです。

 

 

自分の体は自分で守ることに繋がると思います。
迷っているひとは一度病院で受診してみてはいかがでしょうか??少しでも病気の知識をいれておくと違うとおいます。

体がだるい。しんどい。眠たい。という人は一度病院受診しましょう。

自分が周りに「いつも体が重くてしんどいんだよ」と相談しても堕落したやつという相談結果になり悩んでいたのを思い出します

 

自分も実際そう思っていましたし、「体力の差」や「生まれつき」という言葉で片付けてしまっていました

 

 

確実に同年代よりも寝ているのに、体の疲れが取れなかったり仕事の内容が入ってこない。仕事でミスをしてイライラする。さらに生産性が下がるという悪循環

 

 

何より集中が続かないんですよね。
休日は寝溜めをするという時間をでほとんどを睡眠に使ってしまっていたこともありました。

 

 

でもそんなことをしないと乗り越えられないぐらいの眠気だったんですね。当てはまる人もいると思います。
自分が自堕落なだけだと勘違いしている人もいると思うんですよね。

 

 

そんな人は一度しっかりと病院で検査してもらうことをおすすめします。

 

そして、検査のときに「うつ病」や「睡眠時無呼吸症候群」の他に「副腎疲労」という病気もあるのだと頭に入れて置くことで、病院に行ってもお医者さんとしっかりと相談できるし、体調不良などの改善につながると自分は思います。

 

めんどくさいですよね。自分も病院にいける機会があったのに先延ばし先延ばしにして今に至ります。何度も言いますが、素人判断は危険なのでしっかりと受診をしていま起こっている体調不良と向き合っていきましょう

 

寝不足になる理由は様々
うつ病の可能性などもありえるので、ただの眠気だと思わずに一度向き合ってみてください。

あなたの体調が、良くなる意欲的に動けるようになることを願っております!みすけでした!

シェア待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です