靴や鞄の汚れを防ぎ、なおかつ長持ちさせる方法は防水スプレーを使うこと。

スポンサーリンク

こんにちは、みすけです。

お気に入りの靴や鞄を綺麗に履きたいですよね。鞄や靴の種類にもよるのですが、綺麗な状態を保つことができます。

 

その方法は、汚れる前(購入してすぐ)に防水スプレーを振りかけることです。

靴やカバンに防水スプレーを振りかけて、汚れを防ぐ。

防水スプレーは水を弾くためだけではありません。表面をコーティングしてくれるので、ホコリなどの汚れも弾いてくれるのです。

汚れやすいく磨けないキャンバス地やのスニーカーやカバンに振りかけることで、綺麗な状態が維持ができます。

綺麗に保つことに防水スプレーは欠かせません

 

効率のいい防水スプレーのかけ方。

汚れがついてから防水スプレーをかけても効果が弱まってしまいます。なので汚れを落とした状態か新品の状態でかけることをおすすめします。

 

基本おろしたてのときに使うのがいいですが、今回はメルカリで購入したコートエシエルの鞄に防水スプレーをふっかけていきます。

 

ブラッシングで表面の汚れを落とす

鞄の汚れをブラシで汚れ(砂やホコリ)を落とします。ここで汚れを落としておかないとスプレーの効果が弱まります。全体的に表面を軽くこするだけでも全然違います。

 

ブラシがない場合は使わなくなった歯ブラシでも代用可能です。

表面がやや湿るぐらいに全体にスプレーする。

注意

防水スプレーを散布する際は、必ず室外でおこなってください。

全体的に満遍なくスプレーをふりかけます。このとき近すぎたりするとシミの原因になるので20cmぐらい離し全体にスプレーしてください。大体スプレーを動かしながら10〜15秒ほどかける感じです。

散布した後は、しっかり乾かす

スプレーで湿っている鞄を乾かしてください。そのとき日向に当ててしまうと色褪せになってしまう可能性があるので、陰干しがオススメです。

2〜3回繰り返すことで、防水スプレーの力が最大限に発揮され、汚れがつきにくくなります。

 

防水スプレーを使ってはいけない素材

しかし全ての素材に防水スプレーを使える訳ではありません。スプレーが原因でシミになってしまう場合があるので、購入したお店などに確認してからスプレーを使用してください。

 

特殊な生地ではない限り、よっぽど大丈夫です。

防水スプレーをかける頻度

1回スプレーをしたらOKではなく、日が経つと段々と効果が薄れてきます。効果が薄れてきたなと思ったら、スプレーを再びかけましょう。

 

自分の感覚では、使用頻度にもよりますが、1〜2ヶ月に1回やれば綺麗に保てると思います。スプレーもなかなか減らないので、ガンガン使ってください。

 

月に何十円で綺麗に保つための維持費だと思ってもらえたらいいかと。お気に入りのカバンや靴を長く綺麗に使えるようにしっかりケアして大切に使いたいですね。

みすけでした。

シェア待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です