断食でうつ病やメンタルは良くなるの?3日間断食を体験してみました。

こんちゃす!みすけです。

自分はうつ病と診断されてから1年ちょっとが経ちました。しかし、1年以上経った今でも

  • 寝付きが悪い。
  • 睡眠時間が長い。
  • 体が重い。
  • ふいに不安や焦燥感に襲われる。

などの症状があり、困っていました。そんな時に断食の専門家にすすめられて、3日間の断食(水と塩のみ)を行うことにしました。

 

結果としては断食でメンタルが向上し、10時間睡眠から6〜7時間睡眠まで短くなったのでその経過を食べたものや変化などを事細かく書いていきます。

 

なんか、体がいつも重いなぁ。心がしんどいなぁ。という人に届くと幸いです。

【第2回】元うつ病患者が3ヶ月連続で断食したらメンタルは良くなるのか検証。

2019年4月5日

【第3回】糖依存者&元うつ病が断食で感じた体とメンタルの変化。

2019年4月18日

うつ病で会社を辞めて1年経過した24歳。考え方の変化とうつを楽にする対処法

2019年1月5日

断食とメンタルってどう関係するの? 本当に改善するの?


中村ひろきさんのツイートで多くの本が腸とメンタルの関係を指摘していることだったので、ものは試しと思い断食に挑戦することにしました。

 

いつも憂鬱な気分で起きてから(昼12時頃)自己肯定どん底からのスタートしていたのですが、今は気分良く起きることができ、1日をしっかり過ごすことができています。

 

メンタルとか精神面ってその人にしかわからないから、難しいというか、いくらでも言いくるめるから判断としては信じていいのか分からないですよね笑
メンタルが落ちている部分も書いているので参考にしていただければと思います。

 

自分個人的な感想なので、全ての人には当てはまらないかも知れません。しかし、やってみる価値はあるのかと思います。

今回は断食専門家にアドバイスのもと断食を行いました。正しい知識が無いと体調を崩したりします。ご注意ください。

断食をしたらどんな効果があるのか?

そもそも断食って聞いたことありますか?

食べることを辞めて、内蔵を休ませて体を健康にしようということなんですが、だれか好きこのんでそんなことするんだろうか?と疑問に思った記憶があります。

 

昔いいとも!でタモリさんが「人間食べないほうが長生きするよね」と言っていたことがやっと理解できた気がしました。食べ物を消化などで内蔵を動かすには相当なエネルギーを必要とするそうです。

断食をした際に期待される効果

・花粉症やアトピー

腸内環境が整うことで免疫機能が改善する。

・肩こりや腰痛

胃腸に集中していた血液が筋肉へ流れ、コリが改善する。

・冷え性やむくみ

ミトコンドリアが活性化して腎臓が元気になり、代謝ホルモンが活発になる。

・生理不順やPMS

腸内細菌・自律神経が整い、ホルモンバランスが正常化する。

・不眠症

腸内環境が整うことで睡眠ホルモンの分泌が高まる。

・便秘や下痢

腸内環境が改善することで、腸内細菌の働きが活発化する。

出典:プチ断食のやり方と効果を公開!3日間で4.2kg落ちて胃腸に土下座しました。

自分が期待する効果は、花粉症・肩こり解消・不眠症・便秘ですかね。

断食でこれだけの効果は現れるのか? と疑心暗鬼ですがまずは食生活を振り返ってみましょう。

まずは自分の普段の食生活と健康意識を振り返る。

普段どんな食事・健康を心がけていますか?

健康のために野菜食べておこう。ご飯の食べ過ぎは良くないって聞いたから8分目で止めていこう。自分はこれぐらいの認識でした。

 

中村ひろき

みすけはめちゃくちゃ糖質をとりすぎてるね。体がだるい・メンタルが落ち込む・やる気がでない症状は、断食で改善されるかも知れないよ!

自分は普段お酒をまったく飲まないので、炭酸飲料水を毎日飲んでいました。週平均すると1日1Lは飲んでいまいた。(飲み会とかで4〜5杯は飲む。)

 

それに加え、寝る前のポテトチップスが辞められず寝る前に炭酸とポテチという最悪な組み合わせを続けていました。体に悪いとわかりつつもずっと続けている状態です。

1週間の炭酸とお菓子の摂取量 これに飲み会や間食の甘い物が加わる。今自分で見て引いている。

小さいときから炭酸飲料が冷蔵庫に入っている環境で育ったので、自分の中での「当たり前」になっていました。
どう考えても体に悪いですね。美味しく食べれる・飲める基準を超えてしまっていたのです。

 

まずその悪の循環を断ち切って体を健康に、そしてメンタルを向上させる断食を行っていきます。



結局準備が大切!準備期間1週間をメンタルとご飯を振り返る。

断食で挫折する人は、準備期間をしっかりともうけることがなく失敗するがほとんどらしいです。
「気合でいけるっしょ笑」「なんとかなる」の考えの人が地獄を見るそうです。(自分もなんとかなるっしょ勢)準備期間さえしっかりとこなすことができれば、断食も半分成功したものです。

 

断食を通して大切なことは、ストレスをためないことと咀嚼(噛むこと)をしっかりとして水分をとること

上記を意識して、断食に取り組みます。

 

中村ひろき
みすけは糖依存(日常的に甘いものを食べている)だからしっかりと準備期間をしてね!

 

と釘を刺されたので、1週間のごはんを【まごはやさしい】にできるだけそって、糖質をだんだん少なくしていきます。

 

普段から糖質をとる量が少ないひとは準備期間3日・断食3日・回復期間3日で可能なそうです。

詳しくは中村ひろきさんのブログで「中村ひろき公式ブログ

辞めれないようにツイッターで宣言をしました。

準備期間1日目 糖をとらずに過ごす

11時に起床し、15時ごろにご飯を食べる。

鹿児島で食べられる鳥の刺身

準備期間1日目。メンタルを改善したいという希望があるので、やる気がすごかった。しかし甘いのもを食べていないからか、体が単純に悪いのか17時ごろに頭痛に

サラダのドレッシング(ものによるが糖質多め)をかけないストイックぶりをみせるが、意外といける。

 

咀嚼を意識するあまり、サラダだけで顎が痛くなる。いつもより食べていないが、お肉を食べれる満足感で1日目は余裕で終わった。

 

メンタル
通常どうり落ち込み気味。体重い。変化なし。寝付きが悪い

準備期間2日目 まぁだ余裕!肉で満足感を補う

まだまだ余裕な準備期間2日目。断食を指導してくれてるひろきさん宅へ行き、引っ越しの手伝いなど軽作業。

 

終わりにとんちゃんを食べに行く。いつもなら間違いなくコーラやジンジャーエールなどの炭酸を頼むがお茶で我慢。白飯などは一切食べず、肉オンリー。しっかり噛んで満腹感もあるので辛くはない。

 

メンタル
いつもよりかは上向き(人と会っていることが影響したかも)だけど体重い。疲れで寝付く。



準備期間3日目 なぜ断食をやっているのか疑問へ

朝からお腹の張り(つっぱているような感覚)で目がさめる。排泄の痛みではなく、じんじんと地味に痛む感覚。(腸が活発化してきている模様)

 

朝は納豆を2パックを食べ夜ご飯を豆腐もやしのナムル。湯がいたブロッコリーとわかめを食べる。なんで断食を始めたのか? 疑問が湧き後悔をしてくる。

 

ココらへんから甘い物が食べたい欲が出てきとともにいつもマイナスメンタルに。

メンタル
通常通り。動きたくない。しんどい。めんどい。ネガティブオンパレード

準備期間4日目 甘い物食べたい欲がすごい。

いつも憂鬱な朝がスッキリと起きれ、普段と比べると日中動けた。

しかし、ついに甘い物を食べたい欲がめちゃくちゃでる。普段なら目に入っても気にもしないケーキや、甘い物の広告・お店に目がいってしまう。人生で初めてというぐらいに甘いものを口にしていない。

 

普段から甘い炭酸飲料を飲んでいるためか、無糖の炭酸水を飲んでいるだけで気が紛れる。(脳が勘違いおこしている?)

 

また朝は納豆2パック。夜も納豆2パックとささみ、サケの塩焼き。筋トレしているかのようなラインナップ。お腹が減ったら無塩のナッツを食うの繰り返し。

 

4日も甘いものを食べていないことが自分の中で驚きで、久しぶりに自分を褒めた。

メンタル
朝から動くことができ、少し向上している。しかし、まだ寝付きは悪い

準備期間5日目 無塩ナッツに飽きる。

友達だと思っていた無塩ナッツに飽きる。ここまでで、5袋ぐらい食べたので1日一袋計算になる。甘い物が食べれなく口が寂しいのでついついナッツを食べてしまう。

 

3日間出ていなかった排泄がされるもスッキリしない感覚。お腹がすごいモヤる。ここにきていやいや食べていた野菜のおいしさに気づく。

 

メンタル
ココらへんからメンタルが急劇にに向上している気がする。寝付きが悪いが、夜にも強くなったし、いつも抱える不安感が少なくなっている気がした。

準備期間6日目 びっくりするぐらい魚がうますぎる。

肉か魚どっちが食べたい? と聞かれたら間違いなく肉!!と答えていたが、6日目から革命が起こった。魚が旨すぎる。びっくりした。

 

普段なら残すであろう魚の皮部分もうまくて本当にびっくりした。味覚が鋭くなっている感覚でウキウキした。
背中と腰が筋肉痛のような痛み(糖依存を脱しているそう)と倦怠感がある。

 

メンタル
メンタルは6日目と変わらず安定している気がする。夜になると襲ってくる漠然とした不安や焦燥感がなくなっている。しかし寝れない。

準備期間7日目 少し体に変化が生じてきた。

メンタルが向上しているものの、体のだるさを感じながら11時半に起床。とにかく体が重い。糖に変わるエネルギーを探して体が離脱症状がをしているとのこと。

離脱症状 : 普段食べている・とりすぎているモノを急にとらなくなることによって起こる症状

納豆を野菜炒めを食べる。写真を忘れてしまっていた。

 

普段なら動けない自分に苛立ちを覚えて自己肯定感がだだ下がりのスタートなのにそれがない!糖を抜いただけでも結構な進歩である。嬉しい。

メンタル
引き続き、安定している。体は重いが(糖依存を脱しているため)きちんと寝れた

過剰に摂取している糖をへらすだけでも健康的に

いつも過剰に取っている糖分をへらすだけで、体・メンタルともに良くなっているのが分かる。驚くことに計算してみると糖分がいつもの40分の1しかとっていない(普段が異常)ことに教えてもらった。

 

断食が少しハードルが高い人はまずは、7日間の「まごはやさしい」に基づいたご飯を心がけるだけで、体と心に変化があると思います。

ここからが本番3日間の断食開始!

しんどい準備期間を乗り越えて、いよいよ断食を開始していきます。成功のほとんどは準備期間に口にできるものは、【水と塩】のみ!

 

水を1日2Lを目標として、コンビニや自販機などで購入できるミネラルウォーター。塩は天日干しかつ未精製の塩をいつでもつまめるように。小分けの袋に入れて、持ち運びます。

 

お腹が空いたら塩をつまむのではなく、摂取しなければ「いけない」のでご注意を。

持ち運びやすいボトルのぬちまーすがおすすめ。サラサラした塩で馬鹿舌な自分でも美味しいと感じるほど。

断食が始まると重いものが持てなくなる(力が上手く入らない)のでお水も箱で買っておくと楽ちんかと!

断食1日目 風邪のような倦怠感

風邪の引きかけのような倦怠感。微熱のような体のだるさ。動くのがだるい。
一日ご飯を食べない経験は何回かありますが、辛い。腹が減る。水を飲んで空腹感を紛らわせ塩を舐める。

 

ただ街で見かけるポスターや、香ってくるカレー・揚げたチキン・焼き肉などの匂いがまぁ〜気になる。思わず「あっはぁ」と声が漏れるほど。

 

メンタル
メンタル的にはすごく安定している。ただ思考力や集中力がない。(ほとんどの人が断食中にこうなる)

あまり集中できないので、地元のメダルゲームをしにいきました。単純作業で頭も使わず良い時間つぶしです。

 

1日の時間が凄くながい。単純作業や趣味をして過ごすのが一番いいのかと。3日間の断食の中で一番つらい日は間違いなく初日でした。逆に言えば、初日さえ乗り越えてしまえば残りの二日間は楽でした。

断食2日目 体が少し軽くなった。

朝起きると、1日目よりもだいぶ体が軽くなった。しかし散歩しながら、時間を潰そうとしたら急に体が重くなる。耐えられるダルさ。

 

スタバに入り、水と塩以外で唯一飲むことを許されたスターバックスのノンカフェインの「ハイビスカスティー」これが凄く美味しい。

めちゃくちゃ味覚が敏感になっていて、酸味がやばい。でも美味しい。

多分断食じゃなかったら2度と頼まない商品であろう。ありがとうスターバックス。ありがとうハイビスカス。

 

空腹感が驚くほどに消えた。お腹が空いていない。腸が活発に動いているのが凄くわかる。めちゃくちゃにお腹がなる。でもやっぱり暇。

メンタル
すごく安定している。少し断食が楽しくなってくる感覚にさえなる。

やっとおしまい。 断食3日目

辛かった断食も終わりです。とにかくご飯を食べないと暇なんだなっていう感想。特に書くこと無いぐらい暇。

 



最終日は満喫で過ごしました。漫画とか雑誌を読んで、時間潰し。明日やっと断食が終わる〜よりも圧倒的に食べ物を口にできる方が嬉しい。

メンタル
体が重たいものの、不安感や焦燥感がまるでない。断食が終わったらバリバリ動けそうな感覚。

回復期間

断食で休憩させた内蔵をいたわりながら、回復期間を過ごしていきます。

 

ここでどか食いや急に糖分などを口にするのは大変危険です。想像の5倍ぐらい腸を含め、内蔵がデリケートになっているので、ゆ〜っくり、そぉ〜っと食べ物を口にします。

断食を終えていちばん最初に口にできる梅流し。

大根は皮付き 梅干しは添加物の無いもの

断食の1番はじめに食べれる食事は梅流し。
梅と大根(皮ごと)を煮て、ひたすらに煮汁を飲むものです。ここでも中村ひろきさんの梅流しの作り方とレシピがのっている記事▼

 

断食後が梅流しで決まり!実践者が教えるレシピから注意点まで

 

うまい。旨すぎる。普段の生活では決して飲むことはないであろう梅と大根をだた煮た汁。こんなにも美味しいものなのかと興奮しました。

 

まじで添加物を使っていない梅干しがどこのスーパーを探してもない! ナチュラルスーパーなどでも売って無くてびっくり。

 

少し高いですが、この梅干しは梅・塩・シソのみ。どうせ最初に口にするななら良い食材が良いですよね。

梅干しが見つからない場合ははちみつ漬け以外の物を選ぶと良きです。

回復期間1日目 ここ数ヶ月で一番最悪な体調とメンタル

回復の1日目が一番体調が悪く、最悪。(回復期に体調が悪いのは珍しいらしい。)
体が重い・メンタルともにボロボロに。良くなるんじゃなかったんかい!と後悔と無念が押し寄せて来たけど梅流しを飲んで、少し回復。半日動けなかった。

メンタル
ここ数ヶ月の中で、一番最悪だった。ホントに。断食にも効果でない自分の体にもイラついた。
追記 :  3ヶ月連続で断食しましたが、全て回復期に体調を崩しがちでした。珍しいそうです。(自分の場合)

回復期間2日目 野菜を時間をかけてしっかりと噛む

高いサラダを買う人を馬鹿にしていたけどあやまります。めちゃくちゃに美味しい。

 

凄くうまい。ホントに。味わってサラダを1時間かけて食べました。断食を終えた内蔵は本当に想像よりずっとデリケート。咀嚼(よく噛むこと)をしっかりして一口最低30回噛んで飲み込む。

メンタル
1日目が最悪だったので、それと比較するとまだいい方って感じ

回復期 3日目

サラダと少しのお肉を食べて、体に慣らしていく。

体調が凄くいい。少しのご飯でお腹がいっぱいになる。普段どれだけご飯を食べすぎているのかが分かる。

メンタル
穏便な気持ちで1日を過ごせる。ココらへんから急に寝付きがよくなり睡眠時間が減った。

断食後のメンタル・体調はどうなったのか。

断食を終えてから1週間ほどしか経っていませんが、確実にメンタルが上向きになりました。体調も良く、以前よりも体が軽いです。

 

自分個人的な感想なので、全ての人には当てはまらないかも知れません。しかし、やってみる価値はあるのかと思います。自分はこの断食を終えてやって良かった。と思えるので万々歳です。また定期的に断食を行い健康面にも気を使えるよういい機会になりました。

 

いつも憂鬱な気分で朝から自己肯定感マイナスからのスタートしていたのですが、今は気分良く起きることができ、1日をしっかり過ごすことができています。

断食後の回し者と思えるぐらいのツイート▼

布団に入ってもなかなか寝付けず、 毎日3〜4時に寝て、起きるのが12〜14時だった断食前に対して

 

今は朝の9時に起きることができています。起きた時の憂鬱な感情もなく、朝から活動もできているので自分を責めることがすくなくなりました。

以前に比べ積極的に、行動できるようになりました。

 

ただ前と同じ食生活を繰り返してしまうと、元通りになってしまうので運動や食生活を気にしつつ、いけたら良いなと思います。

来月にまたしんどかった断食をしようと思えるぐらい効果が現れているのでこのまま維持できたら良いなと思います。(※来月も断食することが確定しました。)

【第2回】元うつ病患者が3ヶ月連続で断食したらメンタルは良くなるのか検証。

2019年4月5日

【第3回】糖依存者&元うつ病が断食で感じた体とメンタルの変化。

2019年4月18日

うつ病で会社を辞めて1年経過した24歳。考え方の変化とうつを楽にする対処法

2019年1月5日

断食に興味のある方は断食専門家 中村ひろきさんのフォローをおすすめです!

また体の健康を知りたいならカラダのよろず屋 にへーのフォローもおすすめ!

以上メンタル改善した元うつ病人みすけ(@mizunote_net)でした!

シェア待ってます!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です