【第2回】元うつ病患者が3ヶ月連続で断食したらメンタルは良くなるのか検証。

スポンサーリンク

こんちゃす!みすけです。

1年間無職だったのに関わらず、断食をしてから開業届けを出し、自分のブランドを立ち上げ、意欲的に働けるようになりました。

 

断食以外の要因もあると思いますが、自分のメンタルを大きく変えてくれたのは事実。しかし、また最近メンタルの浮き沈みが激しくなってきました。

前回の断食から5週間経ったので、2度目の断食を開始しようと試みます。

 

【第1回断食記事 ▼こちらからお読みください。】

断食でうつ病やメンタルは良くなるの?3日間断食を体験してみました。

2019年2月19日

【第3回断食記事】

【第3回】糖依存者&元うつ病が断食で感じた体とメンタルの変化。

2019年4月18日

断食監修:中村ひろき(@you_chiryoin)

なんで、そもそもしんどい断食するのか?

あまり惹かれないであろう食事。

普段の生活をしている人からすれば、「甘い物食べたくならない?」とか「そんな我慢して可愛そう。」など色々言われます。

 

そうなんですよね。はたから見たらやせ我慢して好きなものも食べられず、ただの我慢比べと思います。自分もそう思ってでした。

 

だけどそれを乗り越えてまで、メンタルをどうにかしたい気持ちが強かったんですよ。メンタルを向上させたいから筋トレもしたし、日光を浴びたし、読まない啓発本を買ったりしたし。

色々試しました。

 

で結果が出たのが断食だったわけで。

全ての人が断食をしてメンタルが向上・改善するとは思いません。しかし、1人でも断食に興味を持ち、実行してみて、改善したらいいなと思いこれを書いています。

豆腐メンタルに届けー!☆ミ

1回目の断食との変化。

1回目の断食前は糖依存(日常的に甘い物を食べている)だったので、1週間の準備期間を設けて断食に望みました。

以前、日常的に食べていた1週間のお菓子・炭酸飲料。ここにカフェでの甘い物やデザードが加わる。

今回は健康意識が変わり、多少は糖が少ない状態でのスタートとなります。

以前:甘い物をほぼ毎日食べていた
        ▼ ▼ ▼
今回:1週間に3回程

 

また断食の指導をしてくださっている中村ひろきさん(@you_chiryoin)のアドバイスのもと、意識的に多めのお肉とゆで卵を食べて生活しました。(理由は鉄分不足解消)

全ての人が断食でメンタルが向上するという保証はありません。何をしても憂鬱・脱力感がある方はやってみる価値はおおいにあると思います。

準備期間7日間はまごはやさしいをメインに。

今回もできるだけ糖を避けて、「まごにやさしい」を意識しながら、食事をとっていきます。

「まごはやさしい」とは

 ま …豆類
 ご …ごま
 わ …わかめ(海藻類)
 や …野菜類
 さ …魚
 し …しいたけ(きのこ類)
 い …芋類
(っ)…漬物
(す)…酢の物

何度もいいますが、準備期間がすごい大切。準備期間を乗り越えれば、断食は7割成功の体感です。(※あくまでも超個人的意見)

写真を撮り忘れたものもありますが、ほとんどが「まごはやさしい」を基準としています。これらは、食べてもいいものではなく、食べなけければならないものです。

 

メンタル
波があるものの、まごはやさしいで生活すると、穏やかになる。ただ甘い物が食べたい欲との勝負。

断食 1日目 びっくりするほど体が軽い。

カラダの軽さが段違い。

1回目では、カラダが痛い。微熱のような倦怠感。集中力が続かないなどいろいろな障害がありました。

 

しかし、今回は朝から動ける体調で、古着屋を10店舗ほど巡れるほどの体力。(シャツ買いました。)

映画鑑賞を終え、一日をなんなく過ごすことができました。

メンタル
完全に向上。意欲がすごい。

断食 2日目 足の痺れ。

朝起きてからびっくりするほどの動けなさ。

小中学校でやるさっぶいマラソンを完走しきった後の足のダルさ(伝われ!)とにかく足がだるい。正座をずっとしていて足がつりそうな感覚。

断食期間中の塩と水以外に飲めるスターバックスの「ハイビスカスティー」

ホントにとにかく足が動かない笑

 

1日目に体がかるかったので、今回の断食は余裕で終わると思いましたが、そうはいきませんでした。

メンタル
メンタルは平常だが、動けないことに焦る1日。頭回らず。

断食 3日目 足の痺れと脱力感。何もできない。

2日目の夕方に寝てしまったので、就寝が深夜2時。起きたのが昼の2時。まさかの12時間睡眠。

 

まだ足がいうことを聞きません。ガックガク。外にでるにも一苦労でした。散歩して終わり。ホントに書くことがないぐらいなんにもない1日。

メンタル
平常運転。可もなく不可もなく。ただただ足動かへん。動くの億劫。

人生2回目の断食の効果は?

今回人生で2回目の断食を行いました。

今回の断食の効果?
  • 肌がキレイになった
  • 朝の目覚めが良い
  • 花粉症の軽減(目の痒さはあるが、鼻水がでなくなった)
  • 野菜の味がわかる(すごく美味しく感じる。)
  • メンタル向上

ただメンタルは向上したものの、1回目のようなびっくりするような感動・達成感・劇的な変化はおとずれませんでした。

 

1回目と大きく違い、驚いたのはご飯が美味しく感じることです。

断食の1回目がいろいろと起こり過ぎて、口に物を入れるだけで嬉しかったのですが、2回目になり味わってご飯を食べるようになりました。野菜が美味めぇ。

今回の断食の変化は食べる量が増えたこと。

今回の断食での一番の変化は1回の食事で食べる量が増えたことです。

 

もともと少食で、定食などを完食するのが辛かった自分。断食を終えてから1週間経ちますが、前より食べれるようになりました。

理由① 間食が減った。

小腹が空いたらスナック菓子が常識だった自分。今は食べることがほぼなくなりました。どうしてもお腹が減ったら、ゆで卵やナッツ類などを食べています。

素材の味がわかるようになった。最高。

理由② ご飯の回数が、3回から2回に減った。

ご飯の回数が3回から2回へ減りました。「それなら1回あたりの食事減るの当たり前やろ!」と聞こえてきそうですが、

 

自分の中の健康法は1日3食しっかり食べるを信用していたからです。

 

それが断食を経て、1日3食を食べなくても過ごせるんだなという理解につながりました。もちろん栄養バランスを考えてです。もちろん合う人合わない人などはあると思います。

 

追記:動けないぐらい食べすぎて吐いてしまいました。何事もほどほどがいいね。(いつもの3倍ぐらい肉食って。サラダもりもり食べてた。)

甘い物を食べない生活を続けています。

断食が終わっても甘い物(ケーキ・チョコ・カフェオレ・スナック菓子・大福・アイス・コーラ・三ツ矢サイダー・パフェ・プリン・ドーナッツ・クッキぃいいいいいい)を食べない生活を続けています。

断食2回目の記事でした。またメンタルの変化などがあれば書いていこうとおもいます。

【第1回目の断食記事▼】 

断食でうつ病やメンタルは良くなるの?3日間断食を体験してみました。

2019年2月19日

【第3回断食記事】

【第3回】糖依存者&元うつ病が断食で感じた体とメンタルの変化。

2019年4月18日

うつ病で会社を辞めて1年経過した24歳。考え方の変化とうつを楽にする対処法

2019年1月5日

断食監修:中村ひろき(@you_chiryoin)

シェア待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です