【1作目】初心者でも簡単!1枚革で作るレザークラフトポーチ。

こんちゃす!みすけです。

やるやる詐欺をしていたレザークラフトをようやく1作目の作成にとりかかり、完成しました。

 

第1作目はポーチです。いい感じに1枚革がカットしてあったので、材料の「アジ」を活かしたポーチを作成します。

 

簡単に説明すると、おおよその大きさを決めて2つ折りにし側面を縫っていきます。

最後にポンチで穴を開けて金具をつけて完成!

詳しく書いていきます。

トコ処理

まずは革の裏側がボソボソに毛羽立っているので、トコロールという製品を使って磨いていきます。

薄く薄く伸ばして、ガラス板で擦りツヤを出して毛羽立ちを抑えていく作業ですね。右側が磨いた面ですね。ツヤが出て、毛羽立ちが抑えられているのがわかりますか?

 

全面に塗ったら乾くまで放置します。

 

縫う箇所を菱目打ち(ひしめうち)で縫い穴を開けていく。

乾いた革に菱目打ちで穴を開けていきます。今回はまっすぐ開けるだけなので簡単。ここでしっかりと穴を開けておかないと縫うときに後悔します。(体験済み)

ハンマーを革に当て、ドンッ。場所をずらしてドンッ。繰り返していきます。

 

開けた菱目打ちの穴を縫っていく。

開けた菱目打ちにそって、縫っていきます。手縫いだとどうしても縫いにくいので、レーシングポニーを使うのがオススメ。

縫い方はこちらのYouTubeで。

レーシングポニーを使って革を固定し、レザークラフト用の針と蝋引きしてある強度がある糸で縫い合わせていきます。

1列縫うことができました。10cm縫うのに約25分程。慣れればもっと早くなりそうです。

両側が縫えたら、ヒックリ返し表面にします。

パンチで穴を開けて、金具を装着

ポーチの留め具を留めていきます。どこらへんにポンチで穴を開けるのかを考えてからパンチで穴を開けます。裏からマイナスドライバーなどで固定し回すだけ

金具を付けたら完成!ドン!

全部終わるまでの所要時間は2時間ぐらい。縫う作業にどうしても時間がかかってしまうのでそこだけ短縮できれば、もっと短時間で作れそう。

反省点

・採寸が甘い

大体このぐらいだろう。と目測で測ったが、絶対定規で測ったほうがキレイな見栄えになったと思う。(当たり前)

 

・革が柔らかいので、何も入っていないと自立しない。

使った革が少し柔らかすぎました。もう少し硬めの革で今度は挑戦してみたいと思います。

1万円以下で道具が揃うので、趣味に最適!

勢いで始めたレザークラフトでしたが、簡単な作業しかないので趣味としておすすめです。

  • 革を切る
  • 穴を開ける
  • 糸で縫う

この3つの作業さえできれば簡単なレザークラフトならできそうです。

ネットで見た道具を一通り購入しました。必要な道具といらなかった道具をまとめたので、興味のある方はぜひ!

みすけでした。

シェア待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です