【レビュー】低価格だけど使える。カメラを守る防湿ボックス

スポンサーリンク

こんちゃす!最近結構いいミラーレスカメラを買いました。みすけです。

カメラを買おうと調べていると「湿気は大敵!」「レンズにカビが生える!」など脅しのような文字を見ることがあり、やっぱりカメラ敷居たかい・・・

しかし、低価格だけどしっかりと湿気からカメラを守ってくれる防湿ボックスを購入したので、レビューしていきます。

湿気から守ってくれる防湿ボックス

カメラでお金を使って、また何万もする防湿庫でもお金使うんか・・・と思っていたところ、低価格の防湿ボックスがありました。

防湿ボックス

「ハクバドライボックスNEO」は容量が5.5Lと9.5Lと15L3種類。

  • カメラ1個とレンズ1〜2本なら5.5L
  • カメラ2個とレンズ2〜3本なら9.5L
  • それ以上なら15L

カメラとレンズだけなら5.5Lで十分でしょうが、自分はカメラ本体とレンズを数本購入する予定だったので9.5Lを購入しました。

カメラ本体とレンズが2〜3本入りそうな容量です。

しっかりと密封出来るようにパッキンがあり、上蓋には除湿剤を入れる場所まで確保してあります。

メンテナンスのセットも入っている防湿ボックスもありましたが、5.5Lのみでした。

防カビ剤・除湿剤 

レンズ専用の防カビ剤は湿気よるカビも乾燥に強いカビもどちらでも効くとのことなので、こいつを入れときゃぁ間違いないと思い購入しました。

入れて1時間も経つとぐんぐん湿気を吸って適正湿度でキープしてくれています。

標準の使用量が20Lの容器に1個なので十分ですね。有効期限も開封後1年なので1日約1.2円!

湿度計

他にも湿度が分かるハクバの湿度計も購入しました。数字が大きくカメラレンズに適した湿度がひと目でわかる便利な商品です。

裏側に吸盤もついているので、蓋をしめたまま中の湿度を確認することができます。

ついでに買ったカメラクリーニングキット

カメラをケアする用品を持っていなかったのでこのセットを購入しました。

このセットを買っていれば間違いないですね。

レンズや本体の汚れを吹き飛ばすブロアーや大きいホコリ・ゴミを掻き出すダストブラシ。

レンズについてしまった指紋をキレイにするレンズペン、本体の液晶を磨くクロスなど必要なものが全て揃っています。

レンズペンで綺麗にした携帯用レンズ。

長く使いたいなら、防湿ボックスに入れて保管したいね。

一眼レフやミラーレスを大切に長く使えるように、めんどくさいけど定期的にお手入れしてキレイな写真がとっていきたいですね。

低価格の防湿ボックスの紹介でした!

みすけでした。

シェア待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です