TevaとCHACOの違いを比較!おすすめのアウトドアサンダルはどっち!?

最近スポーツサンダル流行ってますね!街で見かけることも多くなりました。

でも大体同じ形なんで何を基準で選んだらいいのか?何がどう違うの?どれ買えば間違いない?

って迷っている人におすすめの2つのアウトドアサンダルブランドの【Teva】と【Chaco】を紹介していきたいと思います。

 

軽くてフィット感抜群 Teva(テバ)

Tevaのメリット

  • ホールドフィット感がいい
  • 軽いので持ち運びも楽
  • ファッション性が高いものが多い

 

街中でも違和感がなく、アウトドアでも使えるTevaのサンダルはホールド・フィット感が本当に良い!めちゃくちゃ足の裏に吸い付いてくる感じで歩きやすく、2~3時間歩き回っても全然つかれません。

軽いので持ち運びも楽チン!川や海などの水辺でも滑りにくいスパイダーラバーという素材をソールに使用しています。

黒の他にもカラフルな色が豊富でファッション性が高いのもポイント。

値段は4,500円〜10,000円とリーズナブルでカップルや夫婦でお揃いにしてお出かけするのもいいですね。

Tevaのデメリット

Tevaのストラップは3箇所のマジックテープで足を固定するのですが、ゴミがそこに溜まりやすいです。

ゴミが溜まったらいらない歯ブラシなどで汚れをかき出しましょう!

あと、テープの角が少し出ていて足に刺さって痛いところでしょうか。角もハサミなので切れば問題なく使えます!

 

Tevaはこんな人におすすめ

色んなデザイナーやブランドとコラボしているので、おしゃれなサンダルが多い。

なんと言っても軽いので、女性や街で履きたい人におすすめ

価格も比較的安いのではじめてのアウトドアサンダルに挑戦してみたい人、どのサンダルを買えばいいか迷っている人はTevaを買えば間違いなしです!

値段が安いサンダルが欲しい人はこちらがおすすめ

 

上よりもやや価格があがりますが、フィット感が欲しいひとはこちらがおすすめ

 

耐久性抜群のChaco(チャコ)

Chacoのメリット

  • 簡単に脱ぎ履きが可能
  • 有名なVibram(ビブラム)ソールなのでとにかく頑丈
  • ストラップなどが壊れたら交換可能

チャコは1本のストラップで作られていて、簡単に脱ぎ履きが可能です。

ソールは有名なVibramソールで耐久性が抜群! ソールが土踏まずもサポートしてくれて、歩きやすい。

ソールやストラップなどが万が一壊れたり、寿命になっても交換することができ、愛着がわいたサンダルを長く使うことができます! 

Chacoのデメリット

山登りもできるぐらい丈夫なソールなので、少し重く感じてしまいます。

素材の関係なのか長く使っていると汗くさくなりますが簡単に洗うことができるので清潔に長く使用できます。Chacoの洗い方

あとヒモが少し長いので、しっかりとホールドさせようとすると紐が地面についてしまいます。

その際は、紐をストラップの中に通して固定するか紐を切断しライターなどであぶると綺麗に短くすることができます。

 

Chacoはこんな人におすすめ

シンプルな商品が多いので、どんな服装にも合わせやすい。

頑丈なソールで作られているので、毎日のように履きたい人・山登りやハイキングなどのアウトドアでがっつり使いたい人におすすめ。

靴下を履きたい人は定番の「Z1」

 

更にフィット感が欲しい人は親指を固定できる「Z2」がおすすめ

 

TevaとChaco違い

Tevaがおすすめの人は

  • ファッション製の高いサンダルが欲しい
  • 軽いサンダルが欲しい
  • 川辺などで遊びたい

 

Chacoがおすすめの人は

  • 丈夫なサンダルが欲しい
  • 普段履きしたい
  • 脱ぎ履きが簡単

 

軽くてファッション製の高いTevaと丈夫で長持ちのChacoの紹介でした。

いいサンダルライフを!みすけでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です