革靴の手入れはセットと単品購入どっちがお得なのか比べてみた。

こんちゃす!みすけです。

初めて革靴のお手入れをしようと、ケア用品を調べるとどのクリームがいいのか?ブラシが何がいいのか?色々な疑問が出てくると思います。

 

調べるのが面倒くさくなってセットで購入するのは待ってください!

セットに入っているブラシは通常のブラシより、大きさが半分以下なんです。本当にセットってお得なのか?長くメンテナンスをする予定なら単品で買い揃えたほうが、メンテナンスの時間短縮に。

 

セット品のシューケア用品のメリット・デメリット

メリット

単品に比べて安く、道具が揃っている。セット品の良いところは単品で買うより安く、道具が揃っている2点です。

計算すると単品で購入するよりも1000〜2000円安く購入することができます。

 

デメリット

価格を抑えるためにブラシが小さい。セット品のブラシは通常品と比べ、価格を抑えるために大きさが4分の1の小ささです。

面積が小さいぶん、磨くのに時間がかかってしまいます。1足であれば気にならないですが、お気に入りの革靴が2足・3足と増えるにつれ磨く面積が増えるので、メンテナンス自体がめんどくさくなってしまいます。

1足を磨く時間 セットブラシ・1分37秒 通常品・28秒

 

初心者では使わない道具も入っています。靴のメンテナンスでは最低限▼の4点があれば問題ありません。

  • 汚れ落とし
  • 保湿クリーム
  • ブラシ×2個(馬毛・豚毛)

セット品に入っている補色クリームや補色クリーム専用ブラシはよっぽどの深いキズができない限り使用しません。

セット品がお得なのはどんな人?

セット品をおすすめする人は

  • 初めて革靴のお手入れをしてみたいけど、続けるか分からない。
  • 持っている革靴が1〜2足で増える予定がない。
  • 個別で買うのがめんどくさい。
  • とにかく安く済ませたい。

上のような人にはおすすめできます。それ以外の人には単品で道具を揃えて購入することをおすすめします。

 

単品で買い揃えたほうがお得なのは?

単品で買い揃えたほうがお得な人は

  • 長期的にメンテナンスをするのを決めている。
  • 革靴を2足以上持っている。
  • メンテナンス時間にかける時間は短くしたい。

上のような人にはセットを買うよりも単品で買い揃えたほうがブラシを買い替える必要がないので、お得です。

 

単品で買うのならば、どのケア用品が良いのか?

Collonil(コロニル)の馬毛ブラシ

価格は1300円程 柔らかい馬毛ブラシで革靴についたホコリや砂などの汚れを落とします。

上質な毛をつかったコロニルのブラシ。毛が細いので小さな砂やゴミ・ホコリをしっかりかき出してくれます。また仕上げに馬毛ブラシで磨くことによって、革本来の輝きを引き出してくれます。

COLUMBUS(コロンブス)の豚毛ブラシ

価格は250円程 硬くコシのある豚毛ブラシはクリームを綺麗に伸ばすし、かつ余分なクリームを落とす効果があります。

汚れ落としや仕上げには「馬毛ブラシ」

クリームを伸ばすには「豚毛ブラシ」

と2種類のブラシを使い分けることで効果的にかつシューケアの仕上がりが違ってきます。

 

M.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)の汚れ落とし

これを買っておけば間違い無しのM・モゥブレイのステインリムーバー

Amazonでは約300件のレビューに対して★4を獲得しています。

さらに詳しい情報はM・モゥブレイの公式

容量サイズが3種類あり、1〜2足なら60ml 2足以上メンテナンスをするなら300mlがおすすめ。

60ml 648円
300ml 2160円
500ml 3240円

▼のリンクから容量サイズを選択できます。

 

M.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)のデリケートクリーム

伸ばしやすく浸透しやすいので初心者にもってこいのデリケートクリーム。

革に栄養を与えてくれ何色の靴にも使用することができるので、色別に買い換える必要がありません。こちらもAmazonで★4,5を獲得

他のデリケートクリームに浮気したこともありましたが、伸ばしやすさがダントツなので結局コレにもどってしまいました。

 

M.MOWBRAY ポリッシングコットン

汚れを落とす時とクリームを塗り込む時に布をつかいます。

400円と毎回使うと結構な出費なのでいらないTシャツで代用してもOK!

違いがでることはほとんどありません。自分はTシャツを切って使用しています。

みすけでした。

 

シェア待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です