痩せ型なのに肩幅が広い人向けおすすめブランドと着こなし

こんちゃす!みすけです。

 

体は細いのに肩幅が広くて服装選びに迷うことはありませんか?自分は生まれてからずっと太ることができずに、細身です。

 

それにもかかわらず、肩幅が人より広いので服装選びにとても時間がかかってしまうんですよね。肩幅で合わせて服を買うと身幅がダボダボになったり、身幅に合わせると肩がパッツパツになったり。

 

そんな自分と同じ悩みをもつ人に向けて、季節別におすすめな服装とブランドを紹介していきます。

新感覚ファッションサービス【FACY(フェイシー)】

春夏の着こなし

なかなか肩幅をカバーしづらい部分がありますが、着こなしかたで目立たくすることは可能です。

 

最近では、あえて大きいサイズを着るビックシルエットがトレンドとなり定番となりました。肩幅広メンズには朗報です。

 

また、上半身だけ意識するのではなくデニムやボトムスの形や大きさを意識することで肩幅を目立たせずにキレイにコーディネートすることかできます。

 

ビックシルエットTシャツ

大きいTシャツで体型(肩幅)をカバーします。普段なら膨張色の明るい色(白など)は避けるところですが、ビックシルエットなので関係ありません!白Tバンザイ!

 

単色の落ち着いた色(黒・紺・藍色)などもしまるのでおすすめです。自分は

  • 白の明るい系:5
  • 黒や紺、藍色:3
  • 赤やオレンジ:1
  • 柄やボーダー:1

の割合で買っています。それではオススメのビックTブランドを紹介していきます。

Hanes(ヘインズ)

少し洋服に詳しくなると耳にすることが多くなるヘインズ。Tシャツの定番で着心地が良いのが特徴で圧倒的なコストパフォーマンスが魅力です。

3種類試したのですが、日本人の体型に合わせて作られた”ジャパン フィット”を大きめに着るのがおすすめ。2パックなのも嬉しいところ。

Champion(チャンピオン)

圧倒的な耐久性をもつチャンピオン。中学生時代に「チャンピオン?笑 ちょっとダサくない?」と思った自分を恥じます。

 

3年前に買ったTシャツが未だに活躍。ポケットがついたシリーズがおすすめ。2シーズンは確実に使い倒せるので、それを考えると全然高くありません。

SAINT JAMES(セントジェームス)

ボーダーの”バスクシャツ”が有名なセントジェームス。上質なコットンを使用していて、首周りがスッキリしているので肩幅が目立つのを抑えてくれます。

 

太いボーダーは横を強調してしまうのですが、細めのボーダーなので安心です。ここも有名なだけあり、かって損はしません。最初は落ち着いた色味から買ってみてはいかがでしょうか?

 

ビックTシャツに合わせるオススメのボトムス

ビックTシャツに合わせるといいボトムスはYかAを意識して選んでください。

 

まずYを意識した着こなしならば、細身のズボンを履きます。ビックTシャツとバランスをとるためです。おすすめなのは膝から足先に向かい徐々に細くなっていく「テーパードパンツ」です。

ユナイテッド・アローズは聞いたことがあると思います。形がきれいなので、使いやすくあわせやすい。下のディッキーズはワーク系のパンツで有名ですが、なんせ耐久性がすごい。

合わせやすいならアローズ。耐久性ならディッキーズを選んでみてはどうでしょうか。

 

続いてはAの着こなし。Aというよりも、ビックシルエットに負けないインパクトのあるズボンを持ってくることでバランスを取ります。

ROKX ロックス × GUNG HO ガンホー ファティーグ ワイド パンツ / メンズ ベイカーパンツ クライミングパンツ イージーパンツ 9分丈 アンクル クロップド 無地 RXMS8891

ワイドパンツを履くのは勇気がいりました。(自分が) 気になる方は上の2つ見てみてください。

 

秋冬の着こなし

秋冬は重ね着する機会が多くなってくるので、うまく肩幅をカバーしながらカッコよく着こなししたい。
肩幅が広くてもしっかり着こなせるラグランの商品を中心に紹介していきたいとおもいます。

 

ラグランとは?
襟から脇の下にかけて斜めの切り替えが入った袖のこと。肩幅の切り替えがなく動きやすく、着やすい

シャツ

CAMCO(カムコ)

チェックシャツが有名なカムコのシャツ。一般的なシャツより少し大きめに作られているので、ゆとりをもって着こなす事ができます。

 

生地も厚めに作られているので、丈夫。明るい赤よりも青のチェックやダークグリーンチェックの落ち着いた色合いがおすすめ

 

Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)

コットン100%にもかかわらず、ブルックスブラザーズ独自の加工によりシワになりづらい特徴があります。

パリッとした着心地が長く続くシャツです。アマゾンや楽天などではあんまり取り扱ってなかったので、店舗探した方がいいかもしれません。お店で身幅・肩幅・腕の長さなど測ってもらえるので、自分に合うシャツが見つかりやすいと思います。

 

 

Nigel Cabourn(ナイジェルケーボン)

しっかりとしたオックス生地で作られているNigel Cabourn。絶妙なワイドカラーで、首元の襟は隠しボタンダウンになっています。

 

ボタンが隠してあるので、スポーティにもフォーマルにもどちらの場面でも使用できる1着。他にも裾部分にも工夫がされてあり、シャツインしてもずり上がるのを防いでくれます。

 

スエット

UNIQLO(ユニクロ)

UNIQLOのスエットはラグラン(肩幅で縫われていない服)で肩幅関係なく着こなす事ができます。

1枚で着こなすのもよし、中にシャツを着込み重ね着をするのもおすすめ。安価なので色んな色を揃えてもいいですね。

 

 

APC(アーペーセー)

デニムで有名なAPC。やや高価なだけありシルエットやリブなどにこだわりが見えます。

そして何より嬉しいラグラン〜!!すみません意外とラグランってないんですよね。

 

Champion(チャンピオン)

Tシャツでも紹介したチャンピオンはやはり頑丈な耐久性が売りです。ラフに使えるデザインが多く、the定番のスエットです。

 

薄手と厚手のスウェットを販売してるんですけど、こちらは「厚手」の方です。なので薄いやつよりほんの少しだけ高め。薄いスウェットも持っていたんですけど、使うタイミングが分からなくて。寒かったら上着来ますし。どうせ買うんだったら厚手がおすすめ。

 

色も9種類ぐらいあるので、選び放題です。

 

Loopwheeler(ループウィラー)

大量生産が難しい古い製法で作っているブランド。アイテムの質が高く、大切に使えば10年使ってもへたらないスエットになっています。

若干高いんですけど、着てみたらすごいしっくりくるんですよ。ものを長く使いたいって人はループウィラーの一択です。

 

ORCIVAL(オーシバル)

マリン感のある製品が魅力的なオーシバル。ミツバチの可愛いロゴがかわいい所がいい。

 

自分の感想としては、値段的にも品質的にもチャンピオンの少し上位互換な感じだと思ってます。

 

ニット

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

すみません。ブランドじゃなくてセレクトショップになってしまうんですけどシンプルなニットが多く使いやすいと思うので、のせて置きます

オリジナル商品を販売したり、ヴィンテージ商品もおおく取り揃えています。

JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)

ニットでは世界的に有名なジョンスメドレー。こちらは少し高い。

しかし、艶があり高級感のあるニットが多く生地のしなやかさは間違いありません。



アウター編

多分一番選ぶのが大変なのはアウターじゃないですかね?

インナーと比べると値段もたかいですし。肩幅が関係ない3つのブランドだけ紹介していきます。

 

SKOOKUM(スクーカム)

スタジャンで有名なスクーカムは落ち着いた色味が多いので、合わせやすく流行り関係なく着ることができます。

みんな大好きラグランなので肩幅関係ありません。メインがメルトンウール100%で、腕周りがレザー(牛革)。可愛くもあり、かっこいい見た目なので、どんな服装でも合わせやすいです。

 

しっかりとキルティングの裏地もついているので、防寒もばっちり。自分はサイズ36で中にシャツとニットを着てちょうどいいサイズ感でした。

 

nano・universe(ナノ・ユニバース)

セレクトショップのナノユニバースが西川ダウンとコラボした商品。もう暖かい。すごく。

 

羽毛布団のような暖かさと保温性を兼ね備えたベストで言わずもがなで肩幅関係ありません。身幅で合わせてください。ベストはピッタリサイズで着ると暖かく、様になります。自分はMサイズでピッタリでした。

シェア待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です