うつ病で会社を辞めて1年経過した24歳。考え方の変化とうつを楽にする対処法

2017年11月某日 病院で「うつ病」と診断。今でも先生の顔と背景がしっかりと思い出せるぐらいには衝撃でした。

 

24歳の男がこの1年間どう、うつ病と向き合ったかと、心情とか考え方の変化・周りにどう打ち明けたのか。どうやったら改善したのかなどを書いていきます。

今、うつで苦しんでいる方や周りにうつの方がいる人に少しでも参考になれば幸いです。

まず、うつと診断された人に伝えたいことがあります。

 

辛い状況でしょうが、とにかく休むことに徹してください。会社のこと、お金のこと、友人・恋人不安で仕方ないです。薬をのんで過ごすしかない。

 

こう言われても休めないですよね。めっちゃ分かる。「何ぬかしとんねん。こいつ。」ぐらいで聞き流してもらって大丈夫です。何回も言うんで。

 

休む=寝るじゃないです。
” 人生の調整期間 ” です。好きなこともしていんです。誰も責めません。

 

やれなかったゲーム。読もうと積んでいた本。大好きな趣味。朝からゆっくり起きて、コーヒー飲んでゴロゴロ漫画も読んじゃってもいんです。

 

ドライブもいいですね。映画も見ましょう。焼き肉も食べちゃいましょ。

 

とにかく、気分が沈むことはやらない。
「うつの癖に」「本当に鬱なの?」
文句を言ってくるやつもいるかもしれません。大丈夫です。何も恥じることはありません。「そうだよ」と言って距離をとりましょう。

診断された状態としては中度のうつ病。

自分のうつ症状は

  • 集中力が低下してしまう
  • 無気力でなにをするにも身体が重たすぎる(倦怠感)
  • 漠然とした不安
  • 身体のだるさ・たまに吐き気
  • テンションの上がり下がりがめちゃくちゃに激しい

 

んまぁとにかく何事もめんどくさい。やりたくない。ずっと風邪をひいてるような身体のダルさ。最初に自分の異変に気がついたのは母でした。

 

顔が生気がなく、笑顔が消えたと言われました。ここらへんの記憶が曖昧なのは症状なのでしょうか。ほとんど覚えていません。後でこの辺の話を詳しく書いていきます。

 

覚えていることはご飯の味がしなかったぐらい。

なにかやらないといけないという考えにやられる。

うつ病と診断されると、「休んでください。」「会社行かないように。」「とにかく楽しいことを。」などと言われました。

 

仕事を休むにも気を使います。自分がうつ病だと分かっているのですが、分かっているのですが理解してなかったのかもしれません。休んだら誰かの迷惑になる。やらなくてはいけない仕事が溜まっている。そんな状態で休めと言われても、こちらも気が気じゃありません。多分うつ病になる人ってこうゆうことにも気を使ってしまって潰れてる気がします。

 

また休もうと寝ているだけで、自分は堕落した駄目な人間だと思ってしまいます。今では必要な休息と言えますが、当時はそう思えません。

 

何をしてもソワソワソワソワソワソワソワソワソワソワソワソワずっと頭の中に何かが駆け巡っている状態と、何も考えたくない。思い出せない真っ白な状態が交互に訪れます。

 

正体のわからない漠然とした不安感がずっと襲ってきます。人の話なんざはいってきません。

 

遠ぉーいところから声がする感覚です。声もこもってるし、聞こえづらい。もうむちゃくちゃになりました。部屋は荒れ散らかし、親や友人に八つ当たり。もうどうしていいのかわからないのです。

 

つねに疲れているのでベットに横たわり、ずっと天井を見つめていました。天井が落ちてきそうな感覚が繰り返し、時計の針が「チッチチッチ」と段々大きく、聞こえてくるんです。ブルーレイレコーダーのファンがずっと回っている音が耳にこびりつきます。遠くからトラックが走る音。下校中の中学生の笑い声。なんかしらんずっと鳴いている鳥。近くの工場の扉の開閉音。全てに腹が立ちイラつきました。

 

なんで? と聞かれてもわかりません。とにかく周りの状況に腹が立ち、イライラするんです。

 

辛い状況でしたが、とにかく休むしかないんです。
これを読んでいるうつの人・疑いがある人。まず調整期間を一回設けてみましょう。休むのしんどいですよね。辛いですよね。自分も同じ感覚でした。あなただけじゃないので大丈夫。

3〜4ヶ月経過して、うつが治ったと勘違いした。

とにかく休むことに徹していたので(遊んだり、Switchしたり、漫画読みながらゴロゴロしてた。)気分の浮き沈みが激しいものの、急に来る不安感などに襲われることも少なくなりました。

友人とあっている時間も楽しいと感じることが多くなり、自分の中ではほぼ治ったと勘違いしました。

 

少し無理をして頑張ってしまったときに、また負の感情がグワァと来ました。折角の良くなった症状が、悪化してしまったのです。

 

勘違いしまった自分が悪いです。ちゃんとまた向き合い過ごすことにしました。うつはすぐに治るものじゃないです。こればっかりは仕方ありません。もう一回ゆっくり、しっかり向き合いました。

 

少しでも気が楽になると「自分はうつが治ったのでは?」と勘違いしてしまいます。
この期間は注意が必要です。まだ壊れた器がひっついただけということを頭のどっかに入れておいてください。

5〜9ヶ月は自分の苦手なこと、苦痛なことを知る期間でした。

うつをまた悪化させてから何が自分を追い詰めているのか。を考えました。

 

1つは自分を自分で責めすぎている。
2つめは家族関係。
3つめは会社に対する自分への存在価値。

 

小さいことを含めるともっとあるのですが、大きいのはこの3つでした。

 

自分のことを責めるのをやめました。急には無理だったから自分を褒めることで相殺。あと自分の周りで起きていることを自分の責任だと考える事が多かったのですが、よくよく考えると自分がどう頑張ってもコントロールできないこと(伝わるかな?)だったので、しょうがないで無理やりけりをつけました。

 

家族とは離れて暮らし、会社に関しては辞めました。

 

一気にはできなかったので、ひとつずつ潰していった感じです。

1年経った今、うつは治ったのか?

うつ病が治ったかと聞かれると完全には完治していません。多分一生付き合っていくものなのかなって。

うつを発症する以前よりも感情の起伏は激しくなり、落ち込むこともあるのは間違いありません。

 

だけど、回復していることは確かだと思います。自分の弱いところを理解し、今日は気分が落ち込み気味だから辛いことをしないようにしよう。

 

今日は調子がいいからやらなければいけないことを済ませてしまおうなど、自分のメンタルに合わせて行動し、上手く向き合うことで少し楽に生活ができるようになりました。

今は理解してくれる友人も多くなり、楽しく過ごせています。

うつになったことを周りに打ち明けたほうがいいのか

自分自身がうつになると思いもしていませんでした。むしろ、「うつ病は甘えだ!」 などと考えていたバカでした。(ほとんどの人は自分が鬱になると思ってないと思います。)

 

周りに自分がうつかどうか打ち明けたほうがいいか問題ですが、自分的には「打ち明けたほうがいい」と思います。

 

嫌われたらどうしよう。なんて思われるかな。いろいろなマイナスな感情が渦巻くと思います。怖いですよね。実際離れっていった友人は何人もいます。

 

しかし、打ち明けることで離れて行く10人よりも理解し助けてくれる1人の方がよっぽど今後の人生で大切な友人・パートナーになりえます。

 

うつには波があります。普通の人もそうですよね。テンションが高い日だったり、今日は頑張れないなって日があったり。でもある程度は制御できますよね。うつの人は自分ではその波の制御が効かなくなるんです。

 

制御盤が壊れてしまっている状態なので、落ちるときはとことん落ちます。何をしても楽しくありません。絶望です。何もしたくないと思っていた時に自分がして気分が上向いたことは、日光を浴びることと運動です。

自分がうつを振り返った時にやっていて良かったと思うこと

自分がうつ病になって、やっていて良かったと思うことは日光浴と軽い運動(散歩)です。あとはちゃんと夜寝ること。

日光を浴びる。

家の中でも構わないので1日に15分日光を浴びて、背伸びしてください。
何も考えなくて大丈夫です。ぼーっとしてください。本とか趣味してもいいですね。

最近始めた刺繍をしながら日光にあたる図

顔が少し暖かくなるのを感じてみてください。これは今でも続けていて、日光を浴びれる時は窓際へすぐに行きます。

暗い気分になったときやちょっとしんどいなって気分が少し軽くなります。やってみてください。

 

少しだけ身体を動かす運動。(散歩)

がっつり走ったりとか、もりもり筋トレする必要はないです。ちょっと寝巻きから着替えて散歩でもしましょう。

音楽かけながら乗ってもいんじゃないですか。自分はももクロを聴きながら散歩してました。

あと少し恥ずかしいんですけど、自分の部屋の電気紐を左右に揺らしてシャドーボクシングをしたりしていました。4〜5分で汗出てくるんですよ。アホみたいですけど汗かくのって大切だと思いました。

服を着替える。

ずっと家にいることが多いので寝間着がおおいんです。けど起きたら服を外出用の服に着替える。これだけでも違うと思います。

 

寝巻きだとすぐ寝転べちゃうから(外出用でも寝るけど)すぐに横になろうとするの防止ですね。着替えたのに外でないともったいないって言う感覚が少し湧くんですよ。

 

なるべく昼夜逆転しない。

一番大事なことを忘れていました。基本として夜はきちんと寝るようすることが大事でした。

 

やることがなかったり、身体がだるいので昼寝して昼夜逆転しがちなんですが、良いこと一つもありません。

夜は敵です。夜ってだけでメンタルが落ち込むんです。なかなか難しいんですけど、昼夜逆転はまぁじでやめたほうがいいです。

 

助けてくれたのは外へ出してくれる友人

自分を助けてくれたのは、外へ出してくれていた友人です。驚いていたものの、受け入れてくれて理解をしてくれました。

自分が ”できないこと・難しいこと” を伝えました。

 

  • 会う約束をしていても、その日・その時にならないと動けるか分からない。
  • ぼーっとするときがあるけど、楽しくないわけじゃない。
  • 腫れ物扱いをしないでいつものように接して欲しい。
  • 気分によって感情が左右されてしまう。

 

などなどいろんなことを伝えた気がします。自分でもめんどくさいと思います。

 

何回も何回も会うのを断っているのに、誘ってくれる友人にすごい救われました。
うつ病と打ち明けたから、友人の中でも
「気分が落ちているんだな。またにしよう」と考えてくれたそうです。

 

特別扱いされなかったのが大きいかもしれません。いつもと変わらず、1人の人間として向き合ってもらった気がします。

しょうがない。まぁいいか。なんとかなる。

自分がうつになった原因に考えすぎが影響していると思いました。

 

人の気持ちだったり、物事をしっかり進めたい。人にどう思われているかが気になってしまう。自分がやらなければ迷惑がかかる。自分は何もできない人間だ。

 

自分で自分を追い込みました。

まぁいいかぐらいが丁度いい。」これにつきます。できなくてもいいんです。
この考えになってからいい意味での諦めがつくようになり、心が楽になりました。半年たってやっと元の自分?に戻れたようなきがしました。

 

大抵のことはなんとかなります。ならなかったらならなかった時に考えたらいいと思います。無責任だけどごめんなさい。メンタルが潰れるよりよっぽどましだと思うな。

息子・娘さんがうつになってしまった親御さんへ

おせっかいかもしれませんが、親御さんにも伝えたいことがあります。

鬱になって一番つらいと感じたのは親との関係でした。実家だったので、なおさらです。

 

母からは「うつ病になったのはかあさんのせいかな?」と聞かれ、「そうかもしれないね」と答えてしまったことを今でも悔やんでいます。

 

うつ病で辛いのはぶつけるところが、身近な人へ攻撃的になったりしてしまうことでした。

 

多分うつ病の人との関わり方が分からないんですよね。話かけたほうがいいのかな? そっとしといたほうがいいのかな? 何かしてあげたほうが良いのかな?なにが駄目なのか。なにをしたらいいのか。

自分は、初期段階でしっかりと話しあった方が良かったと今でも思います。

 

うつになった張本人は嫌がるかもしれませんが、何に対してイラつくのか。なにをしてほしくないのか。何をしてほしいのか。ここだけはぶつかっておいたほうが後々にお互いの為になるかとおもいます。

しんどい1年だったけど生きてて良かったです。

大袈裟かもしれないですけど、生きてて良かったです。毎日「死にたいな」「なんで生きているんだろうなぁ」とか考えていて、でも実際死ぬ勇気なんてものはなくて。

 

思い出すと涙目になってしまう出来事だったり、心臓が脈打つのが早くなる思い出とかあるんですけど、生きていて良かった。

 

今、うつ病だったり・メンタルが弱ってる人でこの記事を読んでくれてる1人に届けばいいです。頑張ってとは言いません。生きてください。

こんな自分で良ければ相談ならいつでも受け付けているのでツイッターのDMなどで送ってください。

みすけでした!

こんにちは。みすけプロフィールです。

2017年3月2日

断食でうつ病やメンタルは良くなるの?3日間断食を体験してみました。

2019年2月19日

シェア待ってます!

5 件のコメント

  • こんばんはー!
    Twitterからきました!

    私は精神疾患、精神障がい者なんですが、どうにかして食べていく方法を考えてます。
    うつ病でニートになったその後今どうやって生活したりしてるのか、今日はこの記事しか見てないんですが、他にも見させてください(*^^*)!
    私も経験談とかブログやnoteに書いてみようと思うけど、ブログの使い方?作り方すら分からないもので(´;ω;`)

    いきなりで、すいません!

    • ごめんなさい!どうやって食べていくのかはまだ自分も模索状態です!
      貯金や周りの助けで生きられている状態です!
      経験談などは絶対に救われる人がいると思うので、何らかの形で残されると良いと思います!

      https://hitodeblog.com/

      とてもわかりやすくブログの始め方を書いてるブログです!ご参考までに!

  • あんちゃさんのtweetから飛んできました。
    ブログで全てを語れるくらい回復してるんだなぁと尊敬の思いです。
    私も普通の社会生活(?)が送れるくらいのところまで戻ってきましたが、泣かずに全てを語れるようになるのはまだまだ遠そうです。

    • 普通の社会生活が送れるまで戻ってこれたなら素晴らしいです!全て語れる人が強い人とは限らないと思います。
      自分のペースでゆっくり向き合ってください。
      コメントありがとうございました!!

  • 【辛くて苦しかった】鬱で休職した時の過ごし方【段階別】 | KEI LIFELOG より:

    […] うつ病で会社を辞めて1年経過した24歳。考え方の変化とうつを楽にする対処法 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です