初ソロキャンプは何がいるの?プロに必要な道具を聞いてキャンプしてきた。

スポンサーリンク

こんちゃす!みすけです!

キャンプしてますか? 
キャンプ=大人数でやるものと思っていたのですが、アニメ「ゆるキャン△」でソロキャンプ(一人キャンプ)に興味をを持ちました。

 

YouTubeで芸人ヒロシさんの動画を見て、こりゃあソロキャンやりてぇとなりました。ええ。ミーハーです。

何回かキャンプに行った事があったものの、キャンプに詳しい人に全て丸投げシていたので、何がいるのか分からない。

 

いきなりのソロキャンプはキツイと思ったので、プロキャンパーと一緒にキャンプをして必要な道具を聞いてきました。

プロのキャンパーにソロキャンプで何がいるのかを聞いてきた

今回話を聞いてきたのはキャンプとDIYのブログを運営している
ボム田中さん。

 

会社員でありながら、週末になると昼ごはん食べるだけにキャンプをしに行くほど。
キャンプが好きすぎてBBQインストラクターという資格まで取ってしまったらしい笑

ソロキャンプで最低限必要な3つ道具

まずは最低限いる道具は、寝袋とテントとマット!この3つさえあればもうキャンプできる。
お金をかける順番としては、

  1. 寝袋
  2. テント
  3. マット

の順番。寝袋は一番価格と性能が比例するらしい。

寝袋

一番お金をかけて欲しいのは寝袋。ここはケチっちゃだめらしい。値段と大きさが比例するらしい。
値段が高いほど、軽量で小さいものになって、性能もよくなっていく。テントじゃなくて寝袋に一番お金をかけて欲しいとのこと。

テント

1〜2人用のテントでなおかつ、重さが全部合わせても2キロ以下がベスト!そして安い!
その条件の中で1万円以下の価格のなかで、アマゾンの中で軍を抜いて優秀なテント。赤とオレンジの2色展開。自分はこのオレンジです!

 

マット

寝袋の下に敷いて地面の凸凹だったり、寒さを和らげる効果があります。
あると無いとじゃ寒さと次の日の疲労感が全然違う!王道が折りたたんで持ち運べるタイプと、空気を入れて膨らますタイプの2種類。

 

 

折りたためるタイプは設営が簡単だけど、持ち運びが少し不便でかさばる。キャンプ行く感はすごいでるけどね。空気を入れて膨らます(エアーマット)は設営や片付けのさいにコツがいるので時間がかかってしまうけど、小さくなるので持ち運びが簡単。

ソロキャンで料理をしたい人用の最低限道具

料理をしたい人にオススメな道具を紹介していきます!
地面で直接焚き火をするのを禁止しているところもあるので注意!

  • 焚き火台
  • 火たくやつ
  • バーナー
  • パーソナルクッカー

焚き火台

落ちている木の枝や、買ってきた薪で焚き火をするだけでキャンプ感が上がる。

場所によって木の枝を拾うのに許可がいるので注意!

なんで火を見るだけであんなに落ち着くのだろうか。薪を乗せる部分がメッシュになっていて、下から空気が入るのでいい感じに燃え上がる。

 

男のあこがれ火おこし棒。

火花で火を起こすタイプ。これをつけるのがなかなか難しい。これで火を起こせたら正真正銘のキャンパーだよね。(30分挑戦したけど一向に火つかんかったから首が伸びるライター使ったよ。)

ライラーなしで火をつけれるようになるのが目標だけど、最初はいいよね。回数重ねて上手くなっていこう。
 

 

ガスバーナー

カセットコンロで使用できるタイプと、専用のガス缶を使用する2タイプ。
カセットコンロのほうは、ガス管を忘れてもコンビニやスーパーで調達できるのが魅力。値段も安価なので初心者ならこれで充分すぎる。

 

焚き火をしなくてもいいって人はこれだけで十分。

パーソナルクッカー

4つのクッカーがセットになったもの。ステンレスとチタンがある。

ステンレスは強度・耐酸性・耐水性に優れているので、手荒に扱える。しかし重いのが難点。

 

チタンは軽さと強度が高く、長持ちする素材。ステンレスより高いのが難点。

少しでも荷物を軽くしたい人はステンレス。値段が張っても良いものが欲しい人はチタンを。自分はステンレスを買ったなり〜。

ソロキャンプを快適に過ごす道具

  • 椅子
  • ライト
  • コーヒーセット

椅子(Helinox)

有名なのがHelinox(ヘリノックス)のチェア。折りたたんでもコンパクトで軽いので持ち運びもラクラク。

お尻が沈んで包まれている感覚があって座りやすいヘリノックス。少し休憩をとろうかなと座ると座り心地が良すぎて動けなくなる。お高めですが、満足すること間違いなし。限定カラーや柄が毎年発売されるので、お気に入りのヘリノックスを見つけるのも楽しそう。次買うヘリノックスは可愛い柄が欲しいな。

 

 

折りたたみ机

折りたたんで持ち運べる机。キャプテンスタックのロールテーブル。想像以上な大きさで、ソロキャンではこれ一つで十分なおおきさ。設営時間は約10秒。

ソーラーパフ(ライト)

周りのキャンパーがめちゃくちゃ推してくる日光で充電できるソーラーパフライト。十分な明るさがありながら、75gと驚愕の軽さ。光の明るさもボタンで調整でき、テントの中や、枝などにも引っ掛けて使用できる素敵ライト。

首から下げて手元を光らせるLEDのライト。防水なので、多少の汗や雨ならば拭き取ればいい。ゴム製なので多少雑に扱っても問題なし。おトイレとか真っ暗な道歩くときに便利。

 

コーヒーセット

寒い季節に欲しくなるのが、温かいコーヒー。豆から挽いて自分で淹れませんか?豆をいれてゴリゴリ挽いてフーフーしながらゆっくり飲み干す。ハイ最&高。

 

このコーヒー3点セットがあれば、お湯を沸かすだけで、どこでもコーヒーを飲むことができます。

ソロキャンプに必要な全ての道具が入るリュック「カリマー」

自分は形から入るタイプなので、カバンも購入した。30Lぐらいの大きいカバンがあるといい。(背中が全部覆われてお尻にくるぐらいの大きさ)
自分が購入したのは、登山家などが多く愛用しているkarrimor

 

 

耐久性も高いし、別売のパーツをつけると容量が増やせてカスタマイズできるところが男心をくすぐるよね。
若干高いのがあれだけど….フルでカスタマイズして、道具を全部入れるとかっこよさは半端ない。

次回ホントにソロキャンプへ〜

今度はホントにソロキャンにいってきます。

がんばります。みすけでした。

シェア待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です